ガンと健康の情報~共生する、治す、長生きするために~

ガンと健康について情報を集めています、さらっとお読みいただければと思います

サプリ過剰摂取は「死亡率」を引き上げる?

青魚の栄養素もサプリだと、ほぼ効果なし

不足ている栄養素はサプリで補っておけばOK!」と考え、実践している方も多いと思いますが、本当に「OK」と言えるのでしょうか。いくつかの論文を紐解きながら、検証してみたいと思います。

飲んでも飲まなくても「変化ナシ」の結果も多い

青魚などに含まれることで知られるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)も、サプリの定番となった栄養素のひとつ。これらは、多価不飽和脂肪酸、あるいはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、血液をサラサラにする(血栓症を予防する)作用や、老化や発がんの原因となる過酸化反応を抑える作用があります。

これらサプリメントの効能については、世界中で多くの学術調査が行われてきましたが、米国のある研究者が、その中から厳選した10編の論文について比較・分析をしたのものがあります(参考文献 :Clin Cardiol 2009;32:365-72.)。その論文というのは、いずれもボランティアを公平に2群に分け、一方にEPADHAが配合されたサプリメントを飲んでもらい、他方は飲まないという約束をした上で、1年以上追跡を行ったという内容でした。

その結果、10の調査のうち9つまでが、両群にまったく差がなかったと報じたものだったそうです。つまりEPADHAサプリメントは、飲んでも飲まなくても、健康状態に変わりがない、ということです。

それどころか、外国の医学専門誌に発表された論文によると、EPAを医薬品として大量に摂取すると、死亡率が少し高くなることもわかりました(参考文献:Lancet 2007;369:1090-98.)。

その薬を服用した人たち(平均年齢61歳)を平均して4.6年間ほど追跡したところ、なんらかの原因で死亡した人の割合が3.1%でしたが、年齢、生活習慣、検査値などが同じで薬を飲まなかった人たちの死亡率2.8%に比べ、高い傾向が認められたのです。

この論文の中では、死亡原因についての分析はなされていませんでしたが、脳出血などの副作用がわずかながら増えていたと報告されており、死亡率を高めた要因の1つだったと考えられるようです。

EPADHAが体によい脂肪酸であるのは、疑いようのない事実です。ではなぜ、こんな結果が出てしまうのでしょう。これらの現象は、実は理論的に予測されていたことでもあり、特定の成分を必要以上に、かつ大量に口にすることの弊害が実証された形、とも言えるのです。

「まるごと」食べることで得られる恩恵 

 

古来、人類は魚をまるごと食べる生活を続けて遺伝子を育んできました。魚の効能は、そこに含まれる(未知のものも含めた)さまざまな成分が総合的に作用してのものといえます。つまり、特定の栄養素だけを取り出して摂取しても、魚をまるごと食べることで得られる恩恵を享受できるとは限らず、それどころか、場合によっては健康被害さえ生じてしまうというわけです。

食べたものは、すべて胃腸の中で消化酵素によってバラバラに分解され吸収されます。たとえばご飯は、そのまま吸収されるわけではなく、主成分の炭水化物がぶどう糖にまで分解され、目に見えない分子となって血液中を流れていきます。

おコメには炭水化物だけでなく、食物繊維、ビタミン、ミネラルなども含まれていて、それらの成分が総合的に健康増進に役立っているのです。

EPADHAに限らず、ビタミンやミネラルなどサプリメントの多くについて、動物実験や試験管内で健康に良いことを示すデータが得られているのは事実。ただ人間の体は複雑ですから、試験管内の実験結果がそのまま当てはまるわけではありません。そのことを忘れないようにしてください。

「○○は健康にいい」と世間で言われていることの中には、根拠のない昔からの言い伝えや単なる思い込み、あるいは巧みなビジネス戦略で流行しただけのものが少なくありません。宣伝文句に振り回されることなく、いろいろな情報を吟味し、健康に役立てたいものですね

参照 東洋経済

 

かつてサプリメントを大量摂取して

著しく体調が悪くなりました。

医者の指導のもと、病院処方の高額なサプリメント

摂取していたのにもかかわらず。

サプリメントの摂取はどちらかというと否定派です。

サプリメントの摂取は、どうか慎重にご検討ください

 

厚労省、労災対象疾病に明記へ ぼうこうがんの原因物質と認定

厚生労働省の専門家検討会は16日、染料や顔料の原材料となる化学物質「オルト―トルイジン」と、ぼうこうがん発症との因果関係が確立していると認定し、扱う業務に従事して発症したケースを労災保険の対象疾病として明示するべきだとの見解で一致した。同省は年内にも報告書をまとめ、省令改正の手続きを進める方針。

 同省は既に「暴露開始から10年以上経過して発症した場合は業務が有力な原因となった蓋然性が高い」とする報告書を公表。これまでも労災申請があれば個別に審査してきたが、対象疾病として明記されると、暴露期間などの目安も示されるため、発症者も申請しやすくなる。

参照 共同通信

 

オルトートルイジン、聞き慣れない物質名ですが、

ゴム工場、化学工場などで使われることが多いようです。

そのようなお仕事に従事される方は、これを知っていたら

その仕事を選ばなかった、と思っている方も多いのでは。

病気になってから労災を認める、ではなく

本来なら、入社時に、こういうリスクがあります。

と示すべきだと思います。

以下に厚生労働省の報告書を一部抜粋して掲載します。

 

●オルトートルイジン

外観:特徴的な臭気のある、無色
の液体。空気や光に暴露す
ると帯赤茶色になる。

 

人を対象としたコホート調査等でヒトで膀胱がんを起こす十分な証拠が あり、実験動物(マウス、ラット)でも発がん性の十分な証拠がある。 発がんには代謝活性化、 DNA 付加物形成、DNA 損傷が関係する。

オルト-トルイジンは実験動物で発がん性を示し、ラットで膀胱がんが みられている。コホート調査ではオルト-トルイジンにばく露した労働 者で膀胱がんの発現率が有意に高く、発がん性はカテゴリー1に分類さ れる。オルト-トルイジンは他の芳香族アミンと同様に皮膚に容易に浸 透し、皮膚保護クリームの使用により皮膚浸透はさらに高くなる。オル ト-トルイジンは安全なばく露レベルが算定できない発がん物質である。 ほんの少量が経皮吸収されても発がんリスクの増加を考慮すべきであり、 記号表示 H(経皮吸収)は保持する。オルト-トルイジンは、ヒト及び 動物で遺伝毒性のある代謝物に代謝される。ラット 13 週反復投与試験で、 精細管の変性,、精巣相対重量の増加がみられた。オルト-トルイジンは、 in vitro で染色体異常、小核及び異数性を誘導し、in vivo では、ラット で末梢血赤血球に小核を、肝細胞に DNA 結合を起こし、マウスでは骨髄 細胞に姉妹染色分体交換を起こす。これらのデータから、生殖細胞変異 原性はカテゴリー3A とする。

 

○ 過去の取扱状況について関係者に聞き取りした結果、オルトートルイジン を含有する有機溶剤でゴム手袋を洗浄し繰り返し使用することは多くの労働 者が行っていたこと、夏場は半袖の化学防護性のない一般的な服装で作業し ていたこと、作業の過程でオルト-トルイジンを含有する有機溶剤で作業着 が濡れることがしばしばあったこと、作業着が濡れた直後にシャワー等で体 を洗い流さなかったこと、一部の作業について直接手指でオルトートルイジ ンに触れていた等、オルトートルイジンに皮膚接触する機会があったものと 推察した。

また、事業場では、20 年近くにわたり有機溶剤に関して労働者の尿中代謝 物測定を実施するとともに作業環境測定を実施しており、それらの結果から、 当時は有機溶剤に関し、呼吸器からのばく露(経気道ばく露)を含めたばく 露レベルが高かったことが推察された。このため、オルト-トルイジンにつ いても、皮膚からのばく露だけでなく、経気道ばく露があったことが推察さ れた。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください

https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11305000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Kagakubushitsutaisakuka/0000131502.pdf

 

 

 

 

発見率99%!少量の血液で卵巣がん発見

国立がん研究センターは17日、わずかな量の血液からがんの有無を調べる新しい検査法で、卵巣がんを99%の発見率で見つけることができたと発表した。診断が難しい卵巣がんの早期発見と生存率向上につながると期待され、同センターは、さらに開発を進めて「5年以内の実用化を目指したい」としている。

 チームは、がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目。保存された卵巣がん患者428人分を含む計4046人分の血液を使って、卵巣がんに特徴的なマイクロRNAを調べた。

 10種類を特定し、これらの分泌量を調べることによって、99%の卵巣がん患者を正しく発見できた。

参照 共同通信

 

卵巣がんだけ検診しに行く、というのは考えにくいので

何年後かに、人間ドックや市町村の検診に基本検査項目として

導入されることを期待したいです。

 

 

日本の医療保険制度はすごい!知っておいたほうがいいお金の話

日本人の2人に1人がかかる「がん」。今年9月上旬、国立がん研究センター(東京都中央区)が初めて公表した「がん患者の3年生存率」は、71.3%で、乳がんはステージ1では100%、乳がん全体でも95.2%となった。

「がんの摘出手術をしたとしても入院期間は短くなり、通院しながら抗がん剤治療を受けるケースも増えてきました。“がん”と宣告されても、治療をすれば社会復帰できる時代になりましたので、慌てて仕事を辞めないこと。医療費の支払いという経済的な負担が伴いますので、治療を金銭面で支えてくれる公的制度を知っておくと安心できます」

そうアドバイスするのは、『大図解 届け出だけでもらえるお金』(プレジデント社)の著者で社会保険労務士ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さん。そこで、がんなど病気にかかったときの、経済的負担を支える制度について教えてもらった。

■医療費が戻ってくる

たとえば、入院や手術で100万円の医療費がかかったとしても、窓口で支払うのは3割負担の30万円。ここから自己負担限度額を超えた分が戻ってくるというのが「高額療養費制度」。

「一般的な所得の会社員(70歳未満、年収350万~770万円)が入院・手術して1カ月で100万円の医療費がかかったケースでは、8万7,430円が自己負担限度額で、21万2,570円が払い戻される計算になります。手続きは会社員なら勤務先を通じて健康保険組合協会けんぽで、国民健康保険に加入する自営業の人は市区町村の国民健康保険課で行います。直近12カ月で3回以上、自己負担限度額を超えた月がありますと、4回目からは『多数該当』として自己負担限度額は4万4,400円と低くなり、戻ってくるお金は25万5,600円になります」(井戸さん・以下同)

また、高額療養費制度は手続きしてから指定の口座に振り込まれるまで3カ月ほどかかるが、加入する健康保険で「限度額適用認定証」を申請して、病院で提示すれば、窓口での負担は限度額で済む。もちろん、生計を一にする家族が使った医療費もまとめて計算できる「世帯合算」にも適用できる。

さらに、従業員が700人を超えるような大手企業の健康保険組合では、独自の自己負担限度額を設けているケースもあるという。

「『付加給付』といい、たとえば、窓口負担が30万円の人でも、『付加給付』の自己負担限度額が2万5,000円だったとしますと、27万5,000円戻ってくることになります。なお、この制度は高額療養費制度と併用可能です」

夫の会社の福利厚生を知らない、という人は今すぐチェック!

■欠勤したときに給料の一部がもらえる

治療が長引いたり、体調が戻らなかったりして、会社を欠勤するようになって給料が支払われないとき、健康保険から「傷病手当金」がもらえる。

「連続して3日間の待期の後、4日目以降の仕事に就けなかった人は、4日目から最長1年6カ月、給料の3分の2程度の支給額がもらえます。月収30万円の人が60日休業した場合、約40万円がもらえる計算になります。届け出は勤務先を通じて健康保険組合協会けんぽに申請し、その際、医師の意見書が必要になります。国民健康保険にない制度なので自営業の人はもらえませんが、パート勤務でも健康保険に加入すれば給付の対象になります」

参照 女性自身

 

パートでも使えるのですね。実際に使った人に出会ったことがないのですが、

手続きは簡単にすんなりできるのでしょうか?

以前仕事を辞めた時に雇用保険について調べて、その後の休職中に

かなり役立ち、経済的に助けられました。

知らないと損をすることも多いので、国の制度についての情報は

要チェックです。

こちらのサイトでも随時紹介できればと思います。

ガンは、いつの段階で発見するのがベストなのだろうか【膵臓がん】

 今年、国立がん研究センターは初めて、がんの3年生存率を公表。膵臓がんの15.1%は、突出して低い。有効な治療や、早期発見の方法がないとされて、公的ながん検診の対象になっていない。だが、一つの可能性が拓けてきた。

 膵臓は、胃の裏側に位置する長さ約20センチの細長い臓器だ。早期発見が難しい理由を都立駒込病院・消化器内科部長の菊山正隆医師に聞いた。

膵臓がんが発生するのは、膵臓の中を通る“膵管”の粘膜です。太さは0.5ミリから1ミリしかありません。現段階では、内視鏡胃がんや大腸がんを早期発見するような方法がとれないのです」

 それゆえ、早期発見を諦める医師が多いのが現実だ。しかし、菊山医師たちのグループが状況を打破しようとしている。

 膵管の粘膜内にがんが留まっている段階を“0期”と呼ぶ。超早期と言える“0期”で摘出手術を行って、完治したケースも出てきた。それを可能にしたのが、エコー、MRI、そして最も重要なのが、超音波内視鏡だ。

「先端に超音波装置がついている特殊な内視鏡です。これを使用すれば、患者の負担を少なくしながら“0期”の膵臓がんを発見できる機会が得られます」

 超音波内視鏡は口から入れて、検査時間は約15分間。問題は、超音波内視鏡がまだ広く普及していないこと、操作には極めて高いスキルが必要なことだ。

 

“0期”の膵臓がんという概念に否定的な医師もいる。菊山医師と、尾道総合病院の花田敬士医師らは、早期診断研究会というグループを立ち上げて、超音波内視鏡検査による早期発見の取り組みを進めているが、参加施設は全国に15しかない。

 膵臓がん摘出手術の第一人者である、本田五郎医師(新東京病院・消化器外科)。6年前に、本田医師の手術を受けた女性(75)から話を聞くことができた。

「人間ドックのエコー検査で、気になるものが写っていました。私の弟が膵臓がんで亡くなっているので、心配した娘が本田先生のことを調べてくれたのです。膵臓と胆のうを摘出してもらいました。食事は以前と変わらず食べられますし、ゴルフもしていますよ」

 この女性の膵臓がんはわずか5ミリ程度だった。執刀した本田医師はこう話す。

「0期のがんを手術することに対して、過剰診断、過剰治療という批判もあります。しかし、膵臓がんは0期で摘出する以外に、根治が期待できない手強いがんです」

 膵臓がんのリスク要因は、前述の女性のように、「家族に膵臓がん患者」がいる人、そして「過度な飲酒の習慣」だ。

 膵臓がんのリスクが高い人は、まずエコー検査やMRIを受ける。何らかの異常があれば、超音波内視鏡検査を受け、手術につなげる。そうした「膵臓がん検診」があれば、救われる命は数多くあるはずだ

参考文献  週刊ポスト

 

川島なおみさんも膵臓ガンでした。

以前そのことを取り上げた書籍を読んだ際、もう少し遅く発見していた方が、余計な検査治療をしなかった分、もっと生存できた筈、

と書かれていて、非常に複雑な気持ちになりました。

このような議論は、結果的にどうなったかで後からいくらでも

言いたい放題言える、というのがもどかしいです。

早期発見で結果的に治ればいいですが、

そうでなかった場合には、近藤誠氏が提唱して

物議を醸し出している、ガンは放置しろという極論にもなりかねない。

同じ病名で同じステージであっても体の状態は人それぞれ。

ガンをいつ見つけるのがベストなのか。

永遠に解決しないテーマのような気がしていますが、

最も助かる可能性の高い結論が導き出されるといいですね。

個人的にはAIに密かに期待をしています。

 

【乳がんステージ4】パリピから突然の闘病へ 5年目

【治療概要と病歴】

発覚年齢  35歳

ステージ  4

治療  標準治療と思われる

         手術前に抗ガン剤→手術→術後放射線治療ホルモン剤投与

現在  ホルモン剤投与も間もなく終了。

         乳がん発覚から5年目

 

以下は取材記事の抜粋と私の考察です↓

 

飲み会や合コンに明け暮れ人生を謳歌していたものの、ある日突然、重度の乳がんであることが発覚した白戸ミフルさん(40)。

酒もタバコも大好き。30代には週3~4回の合コンをこなし、週末はゴルフやイベントに繰り出す。朝まで飲む日もしばしば。そんな生活でありながらも、健康診断の結果はいつもオールAだった。

 ところがある日のシャワー中、右胸にしこりのようなものを見つける。不安を抱えながら会社で健診を受け、さらに精密検査をしたところ、乳がんと診断された。

「35歳のときでした。初めはしこりかどうかわからないくらいだったのに、3か月後にはめちゃくちゃ大きくなって、わきにもいくつかしこりがあって恐怖に陥りました。診断結果はステージ4。ネットで調べると5年後の生存率は20~25%ということでした。

 身体は元気なのに、もう生きられないんだ、いっぱい遊んで無茶をしたからだ、と泣いてばかりでした

手術前に抗がん剤治療を始めることになったが、特に夜はひどく情緒不安定になった。いろいろなことを考えてしまい、泣きながら眠りにつく毎日だった。

当時付き合っていた8歳下の彼氏に病気を打ち明けると、「ボクが心の医者になるよ」と優しく受け止めてくれた。しかし、闘病生活が始まり、いざ白戸さんが甘えてわがままに振る舞うと、あっさりと去っていった。過酷な闘病中での失恋は心底、落ち込んだ。

抗がん剤治療では吐き気のほか、大量の抜け毛もあった。シャワーでごっそり抜け落ちた髪の毛が、べっとりと手に張りついたのを見て“これはきっと海苔だ”と思った。頭ではわかっていたものの、現実を受け入れられなかったという。

「でも、だんだん慣れてきたんです。いいこともけっこうあったし。まず食欲がないからやせたし、抗酸化作用の高い野菜をたくさん食べるので、便秘が解消して肌がツヤツヤでキレイになりました。

 それに、身体中の毛が抜けるので、手足も脱毛いらず。眉は描いて、まつげはつけまつげに。2000円ぐらいのファッションウイッグをショートからロングまでそろえて、休日は気分で使い分けたり

頻度は減ったものの、治療中も合コンや飲み会に参加して、お酒も飲んでいたというのだ!

「私は人と会話をして、お酒を飲むことが大好き。がんにストレスは禁物なので、お酒の量に気をつけながら楽しんでいました」

 ただ、恋愛にはあまり積極的になれず、それよりもマンガを描くことに力を注いできたという。

 がんと診断されてから5年、手術と術後の放射線治療を経て、長らく続けてきたホルモン治療も、もうすぐ終わろうとしている。マンガは出版社に持ち込んだ合コンマンガが電子書籍で出版され、デビュー。今年6月には、がん闘病マンガが出版された。

がんと診断されてから5年、手術と術後の放射線治療を経て、長らく続けてきたホルモン治療も、もうすぐ終わろうとしている。マンガは出版社に持ち込んだ合コンマンガが電子書籍で出版され、デビュー。今年6月には、がん闘病マンガが出版された。

参考文献  週刊女性

 

乳がんになって良かった。時間が有限であると気づけた。

そう語る白石さん。前向きな姿に勇気付けられます。

データ上の生存率が低めのステージ4でも、このように5年以上

頑張っておられる方を多く知ることは大切だと考えています。

小林麻央さんもステージ4だったという報道でしたが、

経過はやはり様々のようです。

これからも前向きに克服する方の情報を集めたいと思います。

 

 

 

 

万病の元とも言われる糖尿病。糖尿病の人は血中のβカロチン量が少ないそうです

健康維持に欠かせないビタミンやミネラルが、野菜や果物に豊富に含まれていることは誰もが知っている。だが近年、毎食ごとに食べているつもりでも、病気になると不足しがちになる栄養成分もわかってきた。そのひとつが、β(ベータ)-カロテン。体内で吸収されてビタミンAに変わる栄養素で、糖尿病になるとβ-カロテンの血中濃度が低くなるという。

 「血糖値の過去1カ月の平均値を調べるヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値で、糖尿病予備軍や糖尿病の人は、そうでない人と比べて、β-カロテンの血中濃度が低くなっていました。理由はまだ明らかになっていませんが、治療中の人は、未治療の人より数値がよかったのです」

 こう指摘するのは、東海大学医学部基盤診療学系健康管理学講師の山田千積医師。糖尿病・代謝・内分泌内科の診断・治療を専門とし、予防医学の臨床研究にも力を注いでいる。

 山田医師の研究では、HbA1cが6%未満の正常な人と比べて、6~6・5%の糖尿病予備軍の人のβ-カロテンの値は約2割減少、6・5以上の糖尿病の人は約4割も減少していることが明らかになった。β-カロテンは、体内の酸化(=錆びのようなもの)を抑制する作用が強い。糖尿病の人は、酸化反応が生じやすいため、β-カロテンが消費されやすいのではないかと考えられている。結果として、体内のβ-カロテンの量が減少しやすいようなのだ。

 「生活習慣病による2型糖尿病は、緑黄色野菜の量を1日120グラム増やすと、発症リスクが14%減ると報告されています。緑黄色野菜にはβ-カロテンが多く含まれるため、食べる量を増やすことが重要といえます」

 緑黄色野菜の中でも、ニンジンやカボチャには、β-カロテンが多く含まれる。ハンバーグなどの添え物としておなじみのニンジングラッセや、カボチャの煮物は、外食でも口にする機会がある。意識すれば量を増やすことは簡単だが、糖尿病やその予備軍の人は食べ方に注意が必要だ。

 「ニンジンやカボチャには、体内で糖質に変わる炭水化物が多く含まれます。また、ニンジングラッセや煮物で砂糖を使用していると、やはり食後の血糖値を上げることになります。一緒に食べるご飯の量を半分に減らすなど、工夫していただきたいです」

 山田医師のお勧めの料理は、パプリカや小松菜などを少量のオリーブオイルで炒めた緑黄色野菜のソテー。β-カロテンは脂溶性ビタミンといって、油に溶けやすいため、オリーブオイルと炒めることで体内での吸収が効率よくなるそうだ。

 「小松菜などの葉物は、炒めた方が量も減って食べやすくなります。ランチは外食が多く緑黄色野菜が不足がちな人は、朝食や夕食に取り入れてみてください」

 野菜というと生のサラダをイメージしがちだが、炒め物などで工夫して食べる量を増やそう。

出典 夕刊フジ

 

知り合いの男性医師で、突然糖尿病が発覚した人がいます。

糖尿病発覚あるあるではあるのですが、発覚直前には、清涼飲料水を

がぶ飲みする姿が、勤務先の病院内でよく目撃されていたとか。

しかし、医者であることが幸いでした。

特例として、勤務先の病院で3食病院食を出して貰える事になった彼は、

なんと!血糖値を下げる薬を服用せずに、その後血糖値が通常値に

戻ったらしい…信じられない。

でも、食事療法は糖尿病予防には有効ではあるようなので、血糖値が

高めでもそうでなくても、食事に気を配り生活することは大切です。

(糖尿病は生活習慣が原因ではない型もあります。)