ガンと健康の情報~共生する、治す、長生きするために~

ガンと健康について情報を集めています、さらっとお読みいただければと思います

ストレスから抜け出す思考法

病気が気になり精神バランスを崩すことは、よくあること。

苦しい、と考えるには自分の心。うまく切り替えるヒントに

なりそうな記事を見つけました。参考になった箇所をご紹介します。

仕事でのストレスで乱れた自律神経を整えるための本の紹介でしたが、

物事の考え方のヒントにも使えると思います。

 

自律神経失調の症状がある方の多くは、そもそもストレスを抱えていて、悩みが頭の中でグルグルと回っています。あなたも、ふと気がつくとストレスになっている仕事や人間関係などで頭がいっぱい――そんな経験はありませんか?

どうせなら、楽しいこと、好きなこと、リラックスできることを思い浮かべる癖をつけましょう。ストレスになることが頭に思い浮かんできたら「よくないことを思い浮かべているな」と思い、楽しいこと、好きなこと、リラックスできることを頭に思い浮かべてください。

普段からでも、楽しいことや好きなこと、リラックスできることを思い浮かべていいのです。

こう言うと、皆さんはそんなにすぐに楽しいことなんて考えられないし、考えたって楽しくなんてならない、と思うかもしれませんが、このエクササイズは無理矢理考えても大丈夫です。

これにはしっかりとした理由があるのです。というのも、脳は見ているものを自分の実体験だと勘違いする性質があるからです。

自分の頭の中で、楽しい情景や、リラックスできることをなるべく鮮明に思い浮かべると、しだいに自分が今、実際にやっているのだと勘違いしてくれます。

楽しいこと、好きなこと、リラックスできることというのは、副交感神経を働かせてくれる状況なので、考え方を変えるだけで、体をリラックスする状況に切り替えることができるのです。

【脳の切り替え方】

① 完璧主義をやめてみる

② よくない出来事が起こり続けると考えない

③ 悪いことだけを見ない

④ マイナスにとらえすぎない

⑤ 根拠のない結論を出さない

⑥ 拡大解釈や過小評価をしない

⑦ 感情的に物事を決めつけない

⑧ 「すべき」思考をやめる

⑨ レッテル貼りをやめる

⑩ 何もかもを自分に関連づけない

とにかく楽しいことを頭に思い浮かべるようにする!

心がけてみたいとおもいます。

 

参考文献 東洋経済