ガンと健康の情報~共生する、治す、長生きするために~

ガンと健康について情報を集めています、さらっとお読みいただければと思います

心臓病予防の食事

心臓病に効く!「ミラクル食材」厳選30

アボカド 心臓病の要因になるコレステロール値を下げるオレイン酸が豊富。

ダークチョコレート コレステロール値を下げるイソフラボンが豊富。カカオ成分70%以上推奨。

アスパラガス “抗酸化物質の母”ともいわれるグルタチオン豊富でリスク低減。

豆乳 大豆たん白だけでも心臓病予防効果◎。納豆が苦手なら、こちらで。

赤ワイン 皮に多く含まれる豊富なポリフェノールが心臓病リスクを下げる。

トマト ビタミンC、抗酸化物質リコピン豊富。心血管性疾患リスク低減。

イワシ 動脈硬化、高血圧予防のDHA、血栓予防のEPA豊富な青魚代表。

ナッツ類 心臓病の要因になる糖尿病のリスクを下げる。毎日、一握りを。

梅干し 含有成分のクエン酸が血流をよくする。1日1個。塩分過多に注意。

納豆 多く含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かす作用が非常に強い。

オリーブ油 サラダ油と違い、炎症抑制効果が働き動脈硬化を防ぐ成分がメイン。

ニンジン 野菜でも特に豊富なカロテンは強い抗酸化作用があり心臓病を予防。

きのこ類 心臓の健康を促進するビタミンDが摂取できる数少ない食材。

ニンニク 独特の香りの硫黄は硫化水素を生成。血管を緩め、血圧調整をする。

黒酢 アミノ酸、ミネラルが豊富で血液サラサラ効果が優れている。

蓮の実 漢方で蓮子(れんし)という名で高血圧、心臓病向けに効くとされる。

コーヒー 意外かもしれないが抗酸化物質が多く、糖尿病のリスクを減らす。

ブロッコリー 特に植物繊維が豊富で心臓病の死亡リスクを低下させる代表的野菜。

コショウ 苦い食材は少ないが、そういうものこそ心臓病のリスクを下げる。

ラッキョウ アリシン成分で血液サラサラ。心臓病危険因子の高血圧などに効果。

ゴボウ 野菜の中でも屈指の食物繊維量と若返り成分のサポニンを含む。

ラズベリー 豊富な食物繊維が糖尿病、フラボノイドが血圧を下げ、心臓病を予防。

ゴマ コレステロール値を下げる植物ステロールが豊富。ピーナッツも同効果。

緑茶 強力な抗酸化物質カテキンが豊富で、心臓病のリスクを下げる。

サツマイモ 血圧を下げる鉄分など、心臓に良い栄養が豊富。皮ごと食べよ。

リンゴ 果物の中でも特に抗酸化物質が豊富。皮に多いので剥かないこと。

サバ イワシ同様、DHA、EPAを豊富に含む。そして何より安価。

レーズン 血圧を下げ、免疫強化の抗酸化物質を増加させるカリウムが豊富。

雑穀米 白米や白パンなど、精製された炭水化物は血糖値を急上昇させる。

レンコン 同じ蓮の茎ということで、蓮の実と同成分が含まれ心臓病予防効果

参照 日刊大衆

 

動脈硬化を指摘されたことがあるので心臓病が心配。気をつけたいです